TOP > 助成金  プライバシーポリシー  マップ リンク  お問い合わせ  
 
                 
      ○狛江市生垣造成補助金交付要綱
              昭和60年3月30日要綱第6号 改正
              平成2年3月31日要綱第8号
              平成13年10月18日要綱第62号
              平成19年3月29日要綱第26号
              平成23年3月25日要綱第25号
    狛江市生垣造成補助金交付要綱

  (目的)
           第1条 この要綱は,生垣の設置者に対し,造成に必要な経費の一部を補助することにより,生垣                       の設置を奨励し,もって市内の緑推進と,市民の安全で良好な生活環境を確保することを                       目的とする。

  (補助金交付の対象)

          第2条 この補助金の交付の対象となる生垣は,次の各号に該当するものとする。
               (1) 市内において新たに生垣を設置するもの(既存ブロック塀等を撤去して生垣に改造するもの                      を含む。)
               (2) 生垣用樹木の高さがおおむね1メートル以上であること。
               (3) 生垣の総延長が3メートル以上であること。
               (4) 道路に面し,道路幅員が4メートル以上確保できること。
         2 市長は,特別の事由(金網さくに樹木を列植する場合等)があると認めたときは,前項の規定にか             かわらず補助金の交付の対象とすることができる。(補助金交付の適用除外)

         第3条 この補助金の交付は,次の各号に該当するものについては適用しない。
               (1) 国・都・公団及び公社等が設置するもの
               (2) 分譲用の住宅,マンション等に設置するもの

   (補助金の交付額)

         第4条  補助金の交付の額は,予算の範囲内において,次の各号に定める額とする。ただし,当該                      める額に満たない工事費 は各々実費とし,100円未満はこれを切捨てるものとする。
              (1) 生垣の新設費用1メートル当たり 8,000円
              (2) 既存ブロック塀等の撤去費用1メートル当たり 5,000円
     2 補助金の交付額は,前項第1号の場合にあっては,240,000円,前項第2号の場合にあっては,               150,000円をそれぞれ限度として交付する。
     3 第1項の交付の額の算定に当たり,延長1メートル未満は,これを切捨てるものとする。

   補助金の交付申請)

        第5条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は,生垣造成補助金交付申請                     書(第1号様式)により市長に申 請しなければならない。

   (補助金の交付決定等)

       第6条 市長は,前条の申請があったときは,現地調査等を行い,補助金を交付することが適当と認                   めるときは,補助金の交付を仮決定し,申請者に対し,生垣造成補助金交付仮決定通知                     書(第2号様式)により通知するものとする。
        2 市長は,生垣の造成工事完了後速やかに完了調査を行い,補助金の交付額を決定し,生垣造成         補助金交付決定通知書(第3号様式)により,申請者に通知するものとする。なお,補助金の仮決               定額を減額するような変更があった場合は,補助金の交付額を減額することができる。

  (補助金の請求)

     第7条 前条の生垣造成補助金交付決定通知を受けた申請者は,速やかに生垣造成補助金交付請                    求書(第4号様式)を市長に 提出し,補助金の交付を受けるものとする。

   (生垣の保持)

          第8条 補助金の交付を受けた者は,その生垣の保護と育成に努め,適正な管理を行わなければ           ならない。          

    (補助金の返還)

        第9条 市長は,補助金の交付を受けた者が,次の各号の一に該当するときは,既に交付した補助                             金の全部又は一部を返還させることができる。
    (1) 虚偽の方法によって補助金の交付を受けたとき。
    (2) 補助金の対象となった生垣を3年以上保存しなかったとき。

    (その他)

      第10条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

     付 則
           1 この要綱は,昭和60年4月1日から施行する。
           2 この要綱は,平成24年3月31日限り,その効力を失う。
               付 則(平成2年3月31日要綱第8号)
               この要綱は,平成2年4月1日から施行する。
              付 則(平成13年10月18日要綱第62号)
              この要綱は,公布の日から施行する。
              付 則(平成19年3月29日要綱第26号)
              この要綱は,公布の日から施行する。
              付 則(平成23年3月25日要綱第25号)
              この要綱は,公布の日から施行する。
              第1号様式〜第4号様式(省略
> 造園  剪定  害虫駆除  エクステリア  緑化事業  保守管理  施工例  会社概要
Copyright (C) 2012 L・S・Corporation All Rights Reserved