TOP > 害虫駆除  プライバシーポリシー  マップ リンク  お問い合わせ  
 
   

 害 虫 駆 除

害虫や病気に犯された庭木は放っておくと、枯れたり、他の木に移ることもあります。また害虫や病気の種類に応じた薬剤散布が必要で、その都度薬剤の種類を変えなくてはなりません。高所などの散布作業には危険も伴います。個人では限界がある防散布から発生後の散布まで、その時々に応じて適正な対処をしていきます。

 
   
 
  アメリカシロヒトリは、サクラ、カキ、カエデなどの庭木に5月〜9月にかけて年に2〜3回発生を繰り返します。 大人の小指大の大きさで、白い長い毛が密生しています。集団で葉を食害するので、放置しておくと樹全体が丸坊主になることもあります。幼齢幼虫のうちは、枝が分かれているところなどにクモの巣状の巣をつくります。

  チャドクガは、ツバキ、サザンカなどつきます、1〜3cmの黄褐色の地に黒の斑点がある毛虫です。毛は毒性が強く、ひどくかぶれるので触れないように注意が必要です。集団で葉を食害するので、放置しておくと樹全体が丸坊主になることもあります。

ユウマダラエダシャクは、主にマサキにつき夏を中心に年に1〜3回発生します。黒いシャクトリムシで、体を伸び縮みさせて移動します。集団は作りませんが、多発すると葉が食い尽くされることがあります。葉の上で越冬し、冬でも暖かい日には葉を食害します。

 
 
    他にもイラガは、カエデ、アカメモチなどにつき、1〜2cmのナマコ状で、体全体に毒のあるトゲがあり、触れると電気が走ったように痛みます。集団で葉裏を浅く食害するので、葉が褐色になり枯れてしまいます。また、枝の根元や木の幹にかたいマユを作り、越冬します。このように、害虫には種類があり、それぞれ特性が違います。それに対処する駆除を行わうことが、重要になります。  
> 造園  剪定   エクステリア  緑化事業  保守管理  施工例
Copyright (C) 2012 L・S・Corporation All Rights Reserved